新シンボルマーク

おはようございます。片岡です。
毎日暑い日が続いております
皆さん、夏を満喫していますか?

今日はいくつか宣伝で~す

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが…。
チャレンジドクラブのシンボルマークが新しく誕生しました
そのシンボルマークが、これだ! ワンツースリー↓↓↓

新シンボルマーク

 平安中期、藤原氏全盛の時代を生きた小野道風をご存じでしょうか?
花札の絵にもなっている有名なお話し。

「ある時、道風が池のほとりを散歩していると、蛙が柳の虫を取ろうとして幾度も飛び上るのを目にし、
はじめは水面から少し離れるほどだったが、何度も繰り返し飛びついているうちに、
ついに柳に飛びついてしまったのを見て、失敗しても何度も何度も挑戦すれば、
きっと成功につながる。そんな姿から、大いに感じるところがあり、道風は発奮努力して学問にいそしみ、
ついに大成されたというお話です。

 チャレンジドという言葉は、障害を持つ人という新しい米語で、『神から挑戦を与えられた人』という
障害をネガティブに捉えるのではなく、障害をポジティブに捉えていこうとった意味を持っています。

 そんなストーリーをモチーフにしながら、今回のシンボルマークが完成いたしました♪

 そしてもう1人のお話
 こちらもすでに、ご存じの方もいらっしゃり、たくさんの反響をいただいてます
 平成の小野道風と言えば、我らの【福本 志満】さん!

 その内容がこれだ!ワンツースリー↓↓↓

しまこ記事

 平成の小野道風は、今日も現場へ指導に出ており、チャレンジドの皆さんから
多くの事を学び、大成していくに違いありません
 この記事を見逃した方、8月5日(日)の朝刊ですよ
[PR]

by sports11go | 2012-08-08 10:27